横浜でウィークリーマンションを借りるメリットデメリット

ウィークリーマンションとは、各運営会社が決めた契約日数から契約でき、家具・家電付の賃貸マンションの事を指します。横浜など急な出張や単身赴任で家具・家電が揃えられない方、通学のように、各家庭のライフスタイルに合わせた部屋が多数あります。敷金、礼金、保証人は不要なのでコストを抑えることが出来ます。また、家具・家電付なので契約したらすぐに住めるし、家具・家電を買って部屋に入らなかった、という失敗をしないこともメリットの一つです。ホテルに宿泊となると、ホテルの営業時間に合わせて通勤しなければいけませんが、ウィークリーマンションはそんなことはありません。このようにお手軽なのがメリットですが、他のマンションと比べて家賃が高い可能性があるので周辺の賃貸の相場を調査して比較してみましょう。

横浜でライフスタールに合ったウィークリーマンションの探し方

横浜周辺でウィークリーマンションの探し方としては、会社や学校の周辺で検索、沿線から検索、駅から検索のように立地から検索する方法があります。会社や学校の周辺はもちろん、お気に入りの飲食店やスーパーマーケット、生活用品販売店、病院、遊びに行く場所の近くの駅で探す方が多数かと思います。一日、一週間、一カ月と生活していく中で、電車で乗り換え無しの範囲なのか、移動時間がどれぐらいまでなら可能なのか、物件に関して家賃はいくらまでか、家族構成による間取り、階数、エレベーターの有無、駐車場の有無、ペットは可能か、ある程度譲れない項目を箇条書きにしてまとめておくと話がスムーズに進みます。気に入った物件があれば、物件の見学をしてお隣さんがどのような人なのか、治安は良いか、昼間と夜間の環境の違い等をチェックすることも重要です。

横浜周辺のウィークリーマンションの相場

家賃はウィークリーマンションに限った話ではありませんが、都心や駅が近かったり日常良く利用するお店が近く利便性が高い、治安が良くてセキュリティがしっかりしている、築年数が新しく綺麗な物件は基本的に高いです。しかし、都心に近い地域は騒音問題があるので静かな場所が希望なら、東京からの利便性が高い横浜周辺がおすすめです。ウィークリーマンションは滞在期間が永くなるにつれて日割で計算すると安くなりますが、賃貸とウィークリーマンションの家賃を比べると、2割ほどウィークリーマンションの方が高くなってしまいます。しかし、敷金・礼金が不要、家具・家電付、光熱費込みのため初期費用の準備が出来ていない方には向いていると思います。このように賃貸形態も日々進化しているので、ライフスタイルに合わせて利用すると良いと思います。