横浜のウィークリーマンションの種類や傾向を見る

ウィークリーマンションを横浜でお探しの方には単身の方はもちろん、ご家族での滞在をされる方もいるかと思います。そんな時にウィークリーマンションにどんな設備があるかが分かれば探しやすくなります。様々な生活スタイルに合わせて対応できる設備を取り揃えている不動産会社が多いのですが、生活に欠かせない家電製品や家具が備わっている部屋が多くあります。また、24時間インターネットの接続が出来る部屋があったり、ドラム式洗濯機が備わっている部屋もあり、最新の設備を利用する事が可能です。会社関係での出張の場合など、車を利用する事もありますので、駐車場ありの物件や、ペットと同居出来る部屋など様々なスタイルに合わせる事が可能になっています。家族で利用したり、自炊をしたい方にはキッチン付きの部屋を利用するのもオススメです。

横浜周辺のウィークリーマンションの相場について

ウィークリーマンションは賃貸住宅とは違い、初期費用がかからない事で短期滞在するにはとても便利です。利用費用は一週間単位で家賃が変わります。横浜周辺での市街地では一週間で3万円から4万円くらいと考えるのが良いかと思います。この中には保証金や清掃費用なども含まれます。市街地から少し外れた所でも良ければ一週間で2万円から3万円程度になる所が多いようです。土地の値段により支払家賃が変わるのは賃貸住宅と変わりありません。初期費用のかからないウィークリーマンションですが、退去をする際に金額が発生する事もあるので注意が必要です。建物の一部を破損してしまった場合、賃貸住宅では敷金を修繕費として初期費用で支払をしています。破損してしまっても初期費用で賄う事が可能ですが、ウィークリーマンションは賃貸住宅と違い敷金を支払っていない為、修理費用を後に請求されてしまいます。

ウィークリーマンションを探す時のポイント

横浜で賃貸住宅を利用する目的として、長期出張であったり、家の建て替えの場合など様々な理由がありますが、賃貸住宅の契約期間は1年になる事もあり、初期費用として礼金や敷金の他、家賃2ヶ月分が必要になる為50万円くらいかかる事もあります。その点、ウィークリーマンションは初期費用にここまで負担がありません。ウィークリーマンションを選ぶ際に注意する事は、ホテルの利用と違い一週間単位での契約になるため短期間にはなりますが、近隣トラブルに巻き込まれる事もあります。その為にも契約前の審査などで、厳しめの審査をする不動産会社を利用するのがオススメです。また、料金の安すぎる所にも注意が必要です。審査の段階で誰でも入居可能な物件の場合、外国人の方が集団で住む可能性もあります。日本との文化の違いなどもあり、話し声を気にしない事もあります。快適に過ごす為に契約時に確認するなどの注意が必要です。